ようこそ 三河岳精会ホームページへ!  どうぞ ごゆっくり

コンダクターについて

コンダクターについて

コンダクター(日本コンダクター社の商品名)とかトレーナー(水光社の商品名)と呼ばれる電子邦楽器は主に教室での吟詠指導に使われ、いろいろな種類のものが販売されておりますが、その基本機能などについて説明します。


File not found: "コンダクター基本機能600.jpg" at page "コンダクターについて"[添付]
キーボード 下段ボタンが詩吟音階順に配列、複数ボタンを押しても高音ボタンのみ有効
        上段ボタンは「」「」が比較的よく使われる
本    数 スライダーを左右に動かして数字に合わせる(音階移動)
微    調 本数の微調節(半音より狭い微分音 -1/2 〜 +1/2)
音程 ガイド コンクール用前奏(ミファミラシ・・・)の自動演奏
他に陰陽切替えオクターブのボタンが付いたものもある


【運指法の例】
詩吟には「主音()に帰る」という大原則があり、高音部に上がっては主音に戻り、低音部に下がっては主音に戻ります。したがって滑らかな運指ができます。
File not found: "コンダクター運指法550.gif" at page "コンダクターについて"[添付]
同時に複数のキーを押した場合、その中の最も高い音が鳴る(音の揺りなどに使う)
一本の指(主に人差し指)で弾く場合は、指を鍵盤上で滑らすように弾く
コンダクターを弾く場合の吟譜例
吟譜例

PCコンダクター ←パソコン上でコンダクターを弾くことが出来ますが、あまり実用的ではありません。
使い方
最初に「電源」ボタンをクリック!
ボタンのアルファベットと同じ、パソコンのキーボードを押すと音が鳴ります。
マウスで上の画面(三・ミ など)をクリックしても OK です。
スペースキー<SPACE>で音が止まります。その下の「いきつぎ」は使えません。
本数は「1」~「0」のキーで、一本から十本まで選択します。
右上のピンクのボタンでも上下できます。
画面右上の[×]でPCコンダクターを閉じれば、このページに戻れます。



【伴奏の要領】
先導型 吟詠に対して伴奏をやや先行して弾き、吟詠をリードする演奏法。初心者の吟詠指導に効果的、吟者にアクセントや音程を確実に伝えることができる。
同時型 吟詠に対して伴奏を同時に弾く演奏法。指導者の口伝をコンダクターに置き換えたもので、吟詠の流れ(節調や間の取り方)を繰返して指導するのに最適。吟詠指導に最も多く用いられる。しかし何時までもこの方法を続けるとコンダクター通りにしか詠えない弊害の出る恐れもある。
後追型 吟詠に対して伴奏をやや遅れて弾き、吟詠に付かず離れず追って行く演奏法。吟詠会などの尺八伴奏にみられる方法(アドリブ演奏)で、本来の伴奏法。


【演奏の具体例】
青字項目をクリックすれば簡略譜が表示が出来ます、譜面を見ながら弾いてみて下さい。
簡略譜画面右上の をクリックで戻ります。
絶句「九月十日」吟譜
短歌「ゆく秋の」吟譜
俳句「夏草や」吟譜
コンダクター前奏譜

コンダクターによる伴奏例 (伴奏を聴きながら譜面を表示できます)
下のバー(プレイリスト)を▼(最右)で開き、選曲(クリック)すると再生(演奏開始)します。
(最左) : 一時停止(演奏停止)・(最左)で再生を継続します。

%{artist} - %{title} [%{album}], (%{year}) (%{time})
  コンダクターによる伴奏
Seek to %{time1} of %{time2} (%{percent}%)
  ---  
0:00

This is a normal list of HTML links to MP3 files, which jsAMP picks up and turns into a playlist.

プレイリスト



コンダクター速習のコツは、あまり理屈に拘らないで声を出して吟じながら弾くことです。子供の頃のハーモニカの練習過程を思い出して下さい。

操作については日本コンダクター販売(株)ホームページ「Music ON」で動画が参照できます。
また、図書「コンダクター速習法」が【(有)三協図書出版社】より発行されています。
コンダクターは(株)水光社または日本コンダクター販売(株)より販売されております。→共に販売が中止されました。


File not found: "Download_88x31_static.gif" at page "コンダクターについて"[添付] 動画が見られない場合は、パソコンにダウンロード(無料)して下さい。


ページへ⇒ 詩吟ミニ講座  日本語の発音  音楽の科学  楽典の基礎  詩吟の楽典  岳精流の吟譜  詩吟と和楽器  コンダクターについて  吟詠伴奏曲について  吟詠のワンポイント  詩吟の歴史  漢詩の基礎知識  漢詩の詩吟は中国語で   詩の主題   詩文の解説   王関山漢詩集   吟河「学習シリーズ」


このページの最終更新日時:2014-10-04 (土) 17:09:44

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional